たけタケtake

のりこえるの歌が身にしみる

最近、契約から、正社員になりました。

もともと、電話に出て聞かれたことに答えるのが主な仕事ですが
うちは、待ってるだけじゃなくて、こっちから
ソフトちゃんと使ってますかとかかけることもします。
結構担当数も多くて、しんどくて
新しく入ってもすぐ辞める人が多いです。

んで、中堅になってしまったのでどんなに私の担当が多かろうが
エラーが出た時の検証とか、めんどくさい案件とかは
容赦なく私にまわってきます。
それ以外に、毎週入金があったかのチェックとか
メルマガの記事の作成とか、
各地で講習会をするときの手配、準備、後処理なんかもやります。
正直、もういっぱいいっぱいで、これ以上は無理というのが本音。

んで、んで、毎週会議があって、個人の成績みたいなものも
その中で話し合いますが、要するに
私個人の成績の数字で悪いものがあって
つるしあげになりました。
要するに、私だけ個人的に進められてないものがあったのです。

雰囲気的に、私が悪いような感じになりましたが
正直、もうこれ以上は手が回らないとしか感じてなくて
かといって、何がいけないのかと詰められてもなんにも答えようがなかったんですけど
会議の最後にリームのリーダが言ったんですわ

「今、彼女(私ね)ははっきり言ってオーバーワークなんです。
なにかあると、全部彼女に聞きにいって、それに答えてるんだから
個人的な仕事が全然できないでしょ。
このままだと、彼女は脳みそも内臓もパンクするよ。
この数字は、彼女が足をひっぱってんじゃなくて、全体で出してる数字です。」

涙が出そうになりました。
てか、なんかちょろっと出たw

そうか、やっぱりこの状況はおかしかったのか。
自分だけ要領が悪いとか、努力が足りないのかと思ってました。

もう限界だな。いつまでこんなの続くのかな。
辞めるかもしれないな。
となんとなく感じてましたが、まだとりあえず大丈夫そうです。

最後に
「あんたも、早く助けを求めるように!」
とくぎをさされました。


のりこえるの歌
スポンサーサイト
仕事のこと | コメント:6 | トラックバック:0 |
| ホーム |