たけタケtake

世界の果て

出身は福島県郡山市。盆地です。
外に出れば、あだたら山脈が見えます。
大学進学で上京しました。

実家にいるころは
外に出て山があるのが当たり前で、
無意識に絵をかけば外の景色には
かならず山を描いてたと思う。

上京した時にあまり意識していなかったけど
外に出てもあまり山って見えないんですよね。
それが関東平野ってことなんでしょうけど。

都築響一だったか、違う人だったか、なんだか有名な写真家の
写真集のあとがきで

山の向こうに世界が続いているのは
理屈としてはわかっているけど
無意識にあの山までが自分の知ってる世界。
上京したら世界の輪郭がなくなって落ち着かなかった。

みたいな事が書いてあって
あー!それそれ!

と改めて実感


私の世界の果てはあの山のところまで。
天国がその向こう

みたいに思ってたなー

今は、だいぶその感覚が薄れてきたけど
実家戻るたびに、やっぱり景色に山があるとほっとします。

スポンサーサイト
ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |